◉アドレック事業部のニュース情報や制作事例集を紹介しています。制作費無料のホームページ制作も実施中。

アドレック事業部

Advertising Support for Regional Companies and Shops

NEWS & GALLERY

『コラム』コンテンツを作る時はライバルが少ないキーワードを探してみよう

商売を行う以上、競合他社を意識せざるを得ない事が多々あります。どの業界にもライバルは存在する訳です。もちろん売り上げ数字を高めたい時などは、ライバルとの競争に勝つ必要はあります。もしくは、優位になる必要があるのです。

ホームページも、それは例外ではありません。自社の売上を高める為にサイトを立ち上げる方々も多いですが、やはりライバルは意識する必要があるのです。
ホームページを検索してもらう為には、キーワードは考える必要はあります。何かの情報を探す方々は、検索エンジンを使う訳ですから、キーワード候補を色々考えるべきです。

SEOでは、検索結果の順位が大切なポイントになります。何かワードを検索しますと、たまに検索結果の数が膨大な事もあるでしょう。その膨大な結果の中で、自社サイトが埋もれてしまうという話はよくあるのです。では具体的に何を行えば良いかというと、上記でも触れたライバルを意識してみるやり方があります。結論を申し上げると、あまりライバルが多いキーワードは避け、自社のオリジナルサービスに関連したワードを見つけ出す事です。世間には様々なジャンルがあります。業界によっては、法人の数が非常に多い事もあるでしょう。そういう業界ですと、ライバルが非常に多くて大変なのですが、自社にしかない魅力・強みがきっとあるはずです。沢山のライバルに勝つのは、間違いなく大きなエネルギーを要しますが、そうしたオリジナルワードを上手に見つけられれば、効率良くサイト集客が行える場合があります。

またライバルが少ない業界ならば、自社をアピールしやすくなるでしょう。数あるワードの中には、ライバルが少ないものも必ず存在します。
そういうワードに自社サービスを適合させることができるなら、比較的上位に表示されやすくなるでしょう。つまりライバルが少ないキーワードを見つけておけば、それだけ自社サイトが目立ちやすくなる訳です。ちなみにライバルが少ないワードなどは、無料ツールなどを用いて見つける事ができます。既にWebでは、ホームページを立ち上げる方々に向けて、有益なサービスが色々提供されています。その中には、キーワード選定に関するツールもある訳です。
まずはそういうツールを活用して、ライバルが少ないワードを見つけてみると良いでしょう。その上でホームページのコンテンツを作っていく方法もあるのです。

フェイスブックボタン ツイート